カイ辞典 二刷

特定のテーマを掘り下げるブログ。ゲームとマンガ中心に、心に残るマンガのセリフをつらつら綴ったりもします。脳内の記憶から書き出しているためセリフは正確な文章ではありません、あしからず

「あいつもまた3年間がんばってきた男だった」【スラムダンク/井上雄彦】

ごぶさたしてます!

久々の更新はみんな知ってるあの名作から。「先生、バスケがしたいです」「あきらめたらそこでゲームセットだよ」など、名言には枚挙にいとまがないこの作品ですが、一番好きなのはこの台詞。

インターハイ予選の決勝リーグ、陵南は湘北のエース流川ばかりをマークし、桜木にボールが回ったときも監督が流川の重点マークを指示。その結果として、陵南の視野にも入っていなかったノーマークのメガネくんこと小暮が桜木のパスを受け取り、見事試合を決定づけるスリーポイントを決めるのでした。

スリーポイントの成功率なんて運と言われてしまえばそれまでだけれど、3年間努力し続けていたからこそあのスリーポイントが決まったんだと思いたいし、そうして努力を続けることの大事さを結果で表してくれたメガネくんは、脇役萌え要素を持つ自分としても最高に感動したシーンでした。

SLAM DUNK 1 (ジャンプ・コミックス)
SLAM DUNK 1 (ジャンプ・コミックス)