カイ辞典 二刷

特定のテーマを掘り下げるブログ。ゲームとマンガ中心に、心に残るマンガのセリフをつらつら綴ったりもします。脳内の記憶から書き出しているためセリフは正確な文章ではありません、あしからず

「パスがあるからドリブルが生きる」【スラムダンク/井上雄彦】

このコーナーはマンガ読まないとアイディア浮かばないかなーと思ってたけど、日常のある風景と読んだことがあるマンガがシンクロすると意外とネタが思いつくモノだなーと思った今日この頃。

スラムダンクと言えばもう定番マンガ過ぎて説明の必要もないとは思いますが、このセリフは流川に対して放たれた言葉。流川はバスケの天才だけれど、いつも周りを頼らずにドリブルだけで切り抜けようとしてしまう。もちろんそれでもある程度のところまでは勝ち抜けるんだけど、全国大会の優勝候補クラスのエースには一切通用しない。それは相手が「こいつはドリブルでくるな」と分かってしまっているから。

だけど仲間を信じてパスができるようになることで、1対1の対決でもパスかドリブルかの2択が生まれる。得意なドリブルもそれだけで戦うのではなく、仲間とのパスを取り入れることでそのドリブルの良さは何倍にも引き立つ。自分が得意と思っていてもそれにだけ拘るのではなく、仲間を信じて他の選択肢も加えていくことで自分の良さをさらに伸ばすことができるというのは、自分が得意なものを持っていれば持っているほど見えなくなりがちだけど大事なことのように思います。

スラムダンク (1) (ジャンプ・コミックス)
スラムダンク (1) (ジャンプ・コミックス)