カイ辞典 二刷

特定のテーマを掘り下げるブログ。ゲームとマンガ中心に、心に残るマンガのセリフをつらつら綴ったりもします。脳内の記憶から書き出しているためセリフは正確な文章ではありません、あしからず

マンガ

【カイ辞典】「同じ後悔ならやりたいことやった後悔しようぜ」【アゲイン!!/久保ミツロウ】

これをポジティブと取るかネガティブと取るかは人次第だなー。 「モテキ」で一躍名を馳せた久保ミツロウ先生による最新作は、応援団なのにものすごいネガティブで後ろ向きな主人公が3年前にタイムスリップし、ネガティブな性格のままそれでも少しずつ周りを…

【カイ辞典】「信用してもらう為に生きてる訳じゃない…生き残ってるから信用がついて回るだけだ」【エリア88/新谷かおる】

ひさびさの本命更新! 本来このブログはマンガの大好きな名ゼリフをひたすら書き綴るブログだったのだよ……。 命を金で買う傭兵がテーマなエリア88という作品では、信用と信頼という言葉もたびたび登場する訳で、以前にもこんなエントリー書いたことがありま…

【マンガ】リアル12巻

主人公は野宮だと思ってる派にはちと残念な流れになってきた。しかし次巻に続くであろう白鳥さんエピソードはwktkである。 る

「何かを変えることのできる人間がいるとすれば、その人はきっと…大事なものを捨てることができる人だ」【進撃の巨人/諫山創】

というわけで、せっかくはてなブログに完全移行したことに加え、はてなブログTシャツまでいただいてしまったのでこれを機に久々更新。そういや30日更新ではてなダイアリー市民、って制度はブログだとどうなるんだろうね……。 それはさておきひさびさ更新とな…

「これが、あなたの今の実力よ」【とめはねっ!/河合克敏】

あと3日!書道なのに熱血という斬新コンセプトの「とめはねっ!」ヒロインは、柔道日本一の腕前を持つのに書道部を兼部するという変わり種。というのも自分の字の汚さにコンプレックスを持っていて、奇麗な字を自分で書けるようになりたいという強い気持ちが…

「おまえのいいとこ、ひとつみっけ」【電影少女/桂正和】

このブログは私的にライフワークでありますので今後も気が向いたときにさらっと書き綴るのです。あまりの過激さに第5巻は内容を大幅に修正されることで話題となった電影少女ですが、内容的にはいたってまじめで心打たれる描写も多々あります。その中でも好き…

「あいつもまた3年間がんばってきた男だった」【スラムダンク/井上雄彦】

ごぶさたしてます!久々の更新はみんな知ってるあの名作から。「先生、バスケがしたいです」「あきらめたらそこでゲームセットだよ」など、名言には枚挙にいとまがないこの作品ですが、一番好きなのはこの台詞。インターハイ予選の決勝リーグ、陵南は湘北の…

「恋ってのはな、そいつといても楽しくないってことだよ」【ちはやふる/末次由紀】

マンガ大賞2009を受賞したこのマンガ。かるたを題材にしつつ熱血を描くあたりは「とめはねっ!」っぽい感もありますが、こっちのほうが熱血要素が強い。かるたに夢中になり、仲間と一緒にかるたを勝ち抜くストーリーそのものも面白く名言はいっぱいあるんで…

「みんなであの2人を幸せにしてあげようね」【結婚しようよ/星里もちる】

主人公の雅寿とその彼女早苗は、入社前からのつきあいだったけれども、結婚に対する価値観の違いやすれ違いによって破局してしまい、雅寿はその間に出会った祥子と付き合い始める。その後、雅寿は自分が勤めるアゲハテクニカルに新設された結婚式を運営する…

「それが最適化ってやつだよ」【機動警察パトレイバー/ゆうきまさみ】

パトレイバーは名言多いんですがその中でもさりげに好きな言葉。主人公泉野明は名レイバー(ひらたくいったらロボット)乗り。ある時レイバーをより高性能にするソフト「HOS」というシロモノが登場して、それを使うとレイバーが最適化されるらしい。その「最…

「憎しみより友愛を!」【風の谷のナウシカ/宮崎駿】

気付けばこのブログも放置しつつ1年も経ったんだなー。忘れたわけではないので地道に更新していきますよ。というわけで今回のお題はかの名作「風の谷のナウシカ」。ナウシカというとアニメ映画の印象が強いですが、どっこいあちらは原作7巻のうち2巻の半分程…

「男子三日会わざれば刮目して見よ」【ダイの大冒険/三条陸・稲田浩司】

魔王軍百獣魔団長のクロコダインと主人公である勇者ダイが再戦したときにクロコダインが発した言葉。初めて戦ったときに比べてダイがあまりにも成長していたことに驚きを覚えるとともに、クロコダインの脳裏をよぎったセリフであります。しかしクロコダイン…

「パスがあるからドリブルが生きる」【スラムダンク/井上雄彦】

このコーナーはマンガ読まないとアイディア浮かばないかなーと思ってたけど、日常のある風景と読んだことがあるマンガがシンクロすると意外とネタが思いつくモノだなーと思った今日この頃。スラムダンクと言えばもう定番マンガ過ぎて説明の必要もないとは思…

「なれない時を優先してちゃダメだろ」【バクマン/小畑健、大場つぐみ】

今一番勢いを感じるマンガではありますが今回はほんとにさりげないヒトコマから。2人で漫画家を目指す中学生のシュージンとサイコー。作画担当のサイコーは、ひたすらマンガを書いていたいから高校受験のレベルを落とすと言いだし、それに合わせて学校トップ…

「一度ボールを持ったら観客席全員が自分を見ていると思え」【シュート!/大島司】

おれはまだはてな市民の道を諦めたわけじゃないんだぜ!というわけで久々の更新はシュートネタ。かの天才プレーヤー久保嘉晴がチームメイトに残した名言であります。額面通りのメッセージとしては、常に自分が主役という意識を持って全身全霊プレイに臨め! …

「これを好む者はこれを楽しむ者に如かず」【鉄拳チンミ/前川たけし】

この言葉はあくまで一部であって、全部書くと「これを知る者はこれを好む者に如かず、これを好む者はこれを楽しむ者に如かず」という言葉になります。知ってるだけでは好きな人にかなわないし、好きな人も楽しむ人にはかなわないってことですね。 ネットの普…

「精神なんて技術でコントロールできる」【ヒカルの碁/ほったゆみ・小畑健】

現実逃避とか言わない! 囲碁の技術はトップクラスながら精神面が脆く、プロ昇格を決める試合でも勝手に背負ってしまったプレッシャーから自滅してヒカルに負けてしまった伊角くんが、中国で修行中に楊さんから諭される一言。 病は気からという言葉もあるよ…

「価値観の違い、ってやつかな」【風子のいる店/岩明均】

忘れた頃にエントリー! 「風の子のいる店」の登場人物である田島はものすごい足が速く、全国レベルが狙えるようなタイムをたたき出せるにもかかわらず、いつもブラブラしてばかり。そんな田島を見かねて陸上部の顧問が「お前なら全国が狙えるのに」とたたき…

「何点取っても勝てる保証はないけれど、1点も与えなければ負けることはない」【じんべえ/あだち充】

長いこと放置してましたがちゃんと続けますよ! あだち充といえば野球マンガのイメージが強いですが、この作品はサッカーが題材。といってもメインはサッカーマンガではなくて親子愛なんだけれども。 タイトルにもなっているじんべえはかつて伝説のゴールキ…

「料理が人の上に立つことはありません」【美味しんぼ/雁屋哲・花咲アキラ】

このブログがなかなか進まない理由の1つに、できるだけ台詞は1つの作品から1つにしようというルール設定してたからなんだけど、それ考えすぎてエントリが進まないより、とりあえず思いついたらエントリする方向に変更しました。なのでおそらく美味しんぼの台…

「でもやらなければ確実なゼロだ!」【寄生獣/岩明均】

名作「寄生獣」の一言。最強の敵に追い詰められ絶体絶命の新一がゴミ捨て場で何か鉄の棒のようなものを手にする。でもこんなの効かないかもしれないし、そもそもその棒が地面から抜けるかどうかもわからない。ほとんど確率はないようなもの。でもそれは「や…

「ここに述べた心得は単純なことばかりだ。しかし、それを毎日毎日徹底させるのは難しい。だが、そこにこそあなた方の命がかかっている」/【パイナップルARMY/工藤かずや、浦沢直樹】

タイトル長いですがまあ勘弁。前のテンプレートだとタイトルと本文がかぶってしまったんだけど、これなら大丈夫っぽい。 本題ですが今回の言葉は傭兵ジェド・豪士がテロリストや暗殺者から身を守るために開いたセミナーで発言した言葉。たとえば窓に不用意に…

「みんなに優しい人ってのはね、いざというときには自分に一番優しいんだよ」【めぞん一刻/高橋留美子】

ご存じヒロイン音無響子さんにあの手この手で迫る三鷹。そんな三鷹を見ながら一ノ瀬さんが投げかけるのがこの言葉でした。 これはもうシンプルながら深すぎる言葉なのであえて余計なことは書きません。しかし前エントリの夏子の酒もそうだけど、いざというと…

「人を頼るのと協力してもらうのは違います」【夏子の酒/尾瀬あきら】

「はてな更新しないんですか」とつつかれたのでがんばります。いやネタはいやというほどあるんですよ、書く時間ないだけでさ……。 というわけで今回のテーマは夏子の酒。兄の意志を継ぎ、幻の米「龍錦」を育てようと意気込む夏子に対して、兄を慕っていた草壁…

「他人の人生をそれだけ拘束しておいて、何も残らないようなモノなど、いったい何のために作るというんです?」【大東京トイボックス/うめ】

これは本ブログでも書こうと思ってるネタだけど先行して書いておく。 巨大ゲームメーカーソリダスのゲームが、その残虐表現が少年犯罪の原因になったと問題になり、開かれた記者会見でソリダスの仙泉が「自分の作ったゲームは影響を与えています」と認めた上…

「拾って拾って拾いまくるしか能がねーだろ、てめーは!」【健太やります!/満田拓也】

バレーボールマンガのバイブル的存在とも言える「健太やります!」の主人公健太は背が低くて一般的にはバレーボール向きの選手とは言いがたいものの、バレーボールに対する愛情は人一倍。ただ、時おり自分より能力がはるかに高い選手と対戦したとき、自分の…

「これだけ良いカブが手に入ると凡庸な料理人はダシを取ってさっと炊くだけ、などという料理を作ったりする」【美味しんぼ/雁屋哲・花咲アキラ】

究極の料理のカブ対決の巻。前回の卵対決で「素材が違いすぎる」と指摘された第2回は、美食倶楽部で使っているキャベツとカブで勝負。しかし1回目のキャベツで山岡率いる究極側は、白子をキャベツで巻くという、白子の味に頼りすぎた料理を出してしまい、「…

「お客様にふさわしい飲み物をお出しするのがソムリエの仕事です」【ソムリエ/城アラキ・甲斐谷忍・堀賢一】

会社のお祝いに部下をつれてやってきた社長。勢い良くワインを開ける姿を見て部下たちは「社長飲み過ぎだよ。体に悪いよ」とひそかにずっと心配しているところに、社長がソムリエに「今のわしにぴったりの一杯を」と注文する。 出てきた一杯を飲んでびっくり…

「同じアジア人だから仲良くするというのは、逆の人種差別だと思います」【加治隆介の議/弘兼憲史】

おそらくCHANGEが大いに参考にしているであろう政治マンガ。外交問題において米国よりも中国などアジアと仲良くすべきな話が出たときに、加治隆介がこう一刀両断するのでした。 意外と気づかないけどこういうことって身近にも起きてたりする。個人的にいやだ…

「いや、信用ではなく信頼だ、作戦上のな」【エリア88/新谷かおる】

エリア88で司令官のサキがミッキーに問うセリフ。最初ミッキーは「よしてくれよ、傭兵が信用するのは自分だけだ」と回答し、それに対する返事がこの言葉。歴戦の勇士であるミッキーが唯一背中を預けてもいいと思った男、それはエリア88を去った風間真だった。…

「友達は作るもんじゃねえ、なるもんだ」【サイファ/成田美名子】

双子の兄弟シヴァと喧嘩別れして傷心のサイファが運命的に出会ったハル。誰とでも人懐っこく話しかけて友達になるハルが自分と違って見えたサイファはつい「友達作るの苦手なんだ」とこぼしたところにハルが答えたのがこの言葉。 人間関係というのはほんとに…